風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

旅立ちの日 その6

その電話は、KSさんの大学時代の友人の方からでした。
ホスピスにお見舞いに行ったとき、
二度ほど顔を合わせたことがありましたが、
電話番号を伝えていたわけではないので、
ちょっとびっくりしました。

電話に出ると、この友人の方はまず、
KSさんが年のはじめに亡くなったことを教えてくれました。
それから自分の思いを正直に話してくれました、

じつはKSさんは、自分が亡くなったらそのことを、
何人かのオウムの関係者、マスコミや警察の知り合いの人たちに
伝えてほしい、と頼まれたそうです。
そのためのリストまでつくっていたようですが、この友人の方は結局、
「だれにも連絡していない」ということを言っていました。
そして、本当は私に対しても、連絡をしようか迷っていたそうです。
でもKSさんから、私宛の遺品を預かっていたので、
「やっぱり連絡をすることにした」というような趣旨のことを、
早口で話していました。

その数日後、遺品を受け取るために、
私はこの友人の方と会うことになりました。
指定された場所に行ってみると、御見舞のときに顔を合わせた
もう一人の友人の方もいました。
二人とも最初は、少し緊張しているような雰囲気でした。
でも話しているうちに段々と緊張がとけて、
かなり長い時間話し込んでしまいました。

彼女たちは、KSさんが亡くなったときのことを
かなり詳しく話してくれました。

その話のはじまりは、年が明けた日のことでしたが、二人とも、
そのときのKSさんの様子は本当に不思議でならなかった、
としきりに言っていました。

二人が驚いていたのは、KSさんのお母様に対する
態度の変化のことでした。
そのときまでは、誰の目から見ても険悪な雰囲気だったそうです。
それはお葬式のことで、KSさんとお母様の意見が違っていたり、
最後を迎える段階で面会できる人を規制されたことに対して、
KSさんが不満をあからさまに表に出していたからかもしれません。
しかし、その日はいつもと違っていました。
車椅子を押しているお母様に対して、
それまで見せたことがなかったようなとても優しい表情で、
「ありがとう」と言ったそうなのです。

その後、KSさんはベッドに横になり、静かに眠りにつきました。
そして、そのまま意識が戻らず、亡くなったということでした。

二人が驚いたのは、一連の様子が、まるでKSさんが
いままさに自分が逝くと知って
そうしているかのように見えたからだそうです。
もしも身体がすっかり動かなくなって、
意識が朦朧としている状態でそのようにしたなら、
不思議には感じなかったのかもしれません。
しかし、たとえ車椅子での参加ではあったとしても、
その数日前には、KSさんはケーキ作りのイベントに
参加していたくらいに元気な姿を見せていたのです。
二人はその姿を見ていたので、余計に不思議に思う気持ちが
大きかったのではないかと思います。

そして、話を聞いているうちに、KSさんの意識がなくなったその日は、
ちょうど私が青空の中に、麻原さんに導かれていくKSさんの姿を
見たのと同じ日であることに気づきました。

その後、医師が死亡と確認するまでには数日あったそうです。
その間、KSさんは一切苦しむことはなく、
まるで穏やかに眠っているようだったそうです。
そして、そのまま息を引き取り、死に顔は本当に
安らかだった、ということでした。

その後のお葬式は、身内と友人だけの少数で行ったそうです。

そんな話をしながら、二人は私に遺品を渡してくれました。
KSさんから依頼されたというその遺品は、
オウム関係のものがほとんどでした。
その中には、私がまだ入信する前のオウム神仙の会の頃に、
みんなでインドに行ったときの写真なども入っていました。

私は、そのインド旅行は体験していないはずなのですが、
その写真を見ているうちに、
懐かしさがこみ上げてきたような感覚になったのを覚えています。

二人はそのとき、「KSさんが自分の死を知らせてほしい」
といっていたリストも持参していました。
そちらは話し合いの末に、私が預かることにしました。
彼女たちは、KSさん以外のオウム関係者、
それからマスコミや警察の人たちとも、
できれば関わりを持ちたくない、という感じでした。
なので代わりに私が、その役目を果たそうと思ったのです。

とはいっても、私もまったく面識のない
マスコミや警察の方々に連絡する気にはなれなかったので、
直接、あるいは人伝に伝えたのは、
そのリストの中にあったオウムの関係者だけでしたが……。

じつはこのブログでKSさんのことを書いているのは、
そんな事情もあったからです。
希望どおりにすることができませんでしたが、
KSさんが自分の死を伝えたかった人、
とくにマスコミや警察の関係の知り合いの人たちが、
このブログを目にして、KSさんの気持ちを
知ることができればいいな
ということも願って書くことにしたのでした。

関連記事

Category : KSさんのこと
Posted by machiku on  | 22 comments 

-22 Comments

yasu says..."KSさんには"
元信者仲間だけでなく、
ふつうの友人もいらっしゃったんですね。
まあ、昔の信者から遠ざけたいという親族の方の気持ちもわかりますけど。

ところで、昔の教団機関誌に載っていた、
KSさんの成就記事を
思い出してしまいました。
婚活?にも励んでいたらしく、
「幸せな結婚など出来ない」
などとお書きになっていましたが、
本当にそうなってしまいましたね。
で、最期は教団に全く関わなかった人に
看取られて逝ったのは、
幸せだったのか、私には分かりません。
2014.09.25 13:38 | URL | #s48xcqFo [edit]
深山 says...">yasuさん"
KSさんは、けっこういろんな人と交流があったようで、私も正直、驚きでした。

最後の状況は、自分ではどうにもならない部分もあったとは思いますが、ある意味、KSさん自身が最終的に決断して決めたことでもあったと思います。
それと、幸せとか不幸とかをどう感じるかは、どんな環境にいるかということではなく、その人の心が決めることだと思うので、本当にKSさん自身にしかわからないことなんでしょうね。
2014.09.25 15:00 | URL | #8w11VUaU [edit]
元R師 says..."No title"
なるほど~。

僕なら、頼まれたら全員に連絡取りますけどね。(笑)
2014.09.26 20:54 | URL | #- [edit]
深山 says...">元R師さん"
確かに不誠実でしたよね。
ただ、ちょっとだけ言い訳をすると、警察やマスコミの人達は、KSさん自身も何年も連絡をしてない人たちで、リストにも(できれば)と書いてあったので保留にしてしまったんですね。
やっぱり名前と電話番号だけしか情報の無い人に、いきなり連絡する勇気はありませんでした。
その頃から元R師さんと連絡できていれば、お願いしたのに残念でした。
今度、同じようなことがあったらよろしくお願いします。(笑)
2014.09.26 21:41 | URL | #8w11VUaU [edit]
SK says..."旅立ちの日"
深山さん、こんにちは。お元気そうでなによりです。
旅立ちの日の1から6まで大変興味深く読ませていただきました。
ありがとうございました。

KSさんは私が出家した時の最初の上司でした。

以前に滝本さんのところでこちらを知りましたが、もう更新されないのかと思っていたのですがKSさんの詳しい話が分かってよかったです。

AHIにいた元イ○○ー○ー師は今の私たちの先生を教えてくれたのですが、こういう話は喜ぶので、このブログを教えてあげようと思います。

今後もこのブログはチェックさせていただきますね。
よろしくお願いします。

元○○○ラKでした。



2014.09.26 22:06 | URL | #- [edit]
深山 says...">SKさん"
丁寧なコメントを残していただき、ありがとうございました。
こんな風に、KSさんと縁のあった方達に何があったか知っていただいて、このような言葉を残してもらえると、私も勇気を出して書いて良かったと思えます。

あと、このブログに関しての今後の予定を、まだハッキリとした形で立てているわけでは無いのですが、このシリーズが書き終わったら、また更新は止まるかなと思ってます。
今回の話とよく似た話は他にもあるにはあるのですが、これ以上は、公の場で公開するような内容では無いので、また少し休もうかなと。

それから、元I師お元気でしょうか。どうぞ、よろしくとお伝えください。
2014.09.27 09:50 | URL | #8w11VUaU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.09.27 21:27 | | # [edit]
U says..."U(村岡)です"
とても興味深く読ませていただきました。

わたしもKS正悟師が、AUMの人で初めて実際に会った方でした。88年の広島の「真理の集い」でだったと思います。

また、事件後、一緒に青山にいた時期があって、ある日外で、電話を受けたら、まさに逮捕されようとしていたKSさんからだったということがありました。

逮捕後「捨て駒になります」というメッセージが来て、当時のわたしにはその意味が分からず、「どうして、戦わないのだろうか?」と単純に、多少の怒りと共に思ったことを覚えています。

今は、その言葉の含みを以前よりはずっと感じることができます。

来年で事件から20年
いろんなことがありましたね。
2014.09.28 09:03 | URL | #- [edit]
深山 says...">SKさん"
いろいろな詳細をありがとうございます。
後でメールからお返事をさせていただきますね。
2014.09.28 15:01 | URL | #8w11VUaU [edit]
深山 says..."Uさん"
わざわざコメントを残していただき、ありがとうございます。

KSさん、そんな言葉を残されていたんですね。
賢さをひけらかすなんてことは全くなかった人でしたが、とても頭の良い方だったので、いろいろと考えてのことだったんでしょうね。

20年、本当にいろんなことがありましたね。
(コメントのお返事、他にいろいろ書きたいことはあったのですが、ここではなかなか書きれませんでした。。。)
2014.09.28 15:21 | URL | #8w11VUaU [edit]
元R師 says..."No title"
捨て駒の話は僕も聞きましたよ。
これも警察の情報ですが。(笑)
2014.09.29 20:33 | URL | #- [edit]
深山 says...">元R師さん"
情報、ダダ漏れですね。
当時は、そんなものでしたが。
2014.10.03 15:08 | URL | #8w11VUaU [edit]
Simon says..."一本線じゃなくてもたどり着けるゴール"
深山さん、こんばんわ。

素敵なブログ、改めてありがとうございます。とても深い縁がある話をシェアして頂いて、感謝です。

そういう伝言の言づけ、まあご本人の意思はあったんでしょうけど、この様に振り返ると、これで良かったんじゃないかなと思うし、きっと理解して下さっていると思います。

ですので、あまり心残りにしなくてもいいですよ。
2014.10.05 23:42 | URL | #- [edit]
深山 says...">Simonさん"
メールと共に、いつもとても丁寧なメッセージをありがとうございます。
伝言の言付けは、実際は私宛ではなかったので、KSさんも私があちこちに連絡を取ることは望んでいなかったのだとは思っていました。オウムとはまったく無関係の人から伝えてもらえたらいいなあという程度ではなかったのかと。
私自身も、実際に連絡をしたら、そのときの私にとっては、あまり好ましくない結果になるような気もしていたので躊躇したのですが、Simonさんの詳しいお話で、とても気が楽になりました。本当にありがとうございます。
また、メールからもあらためてお返事させていただきますね。
2014.10.07 08:07 | URL | #8w11VUaU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.17 05:42 | | # [edit]
says..."No title"
「(科技省の)Mが死にたがっているなあ」とおっしゃったのを93年か94年頃に聞きました。Mさんご本人はこれを即座に否定しましたが、「もうめんどくさいから次の転生をしたがっている」と、また麻原さんに言われていました。
8年くらい激務を続けられていましたが95年4月に転生されましたね。

94年に、Mさんに対して「教団にはもううんざりだ」と、繰り返し言われていました。
「教団を捨てて盲目で一人で放浪しないと修行が進まないと思うんだ」ともおっしゃっていました。
言葉が現象化したと思います。
2014.10.19 08:12 | URL | #6Cc164Sg [edit]
深山 says..."↑さん"
そんな話があったんですね。
Mさんは、教団の中では一番と言っていいくらいに、過酷にワークをこなされてましたものね。
本当にMさんがそう思っていたかどうかはわかりませんが、とても示唆的な話だと思います。

グルがそういったことを話されていたということは、内容は少しずつ違っていても、神仙の会の頃から聞いたことがあるように思います。
そういう話を聞くたびに、弟子のステージがかなり低いということがおっしゃりたいんだろうなと思ってました。
いずれにしても、こちらも示唆的なお話ですよね。
2014.10.19 11:31 | URL | #8w11VUaU [edit]
says..."No title"
KSさんが亡くなった、ちょうどその頃に40年ぶりに明るい大彗星が肉眼でも見えるようになりました。マックノート彗星です。
この彗星の発見自体は前年の8月です。
2014.11.04 14:25 | URL | #6Cc164Sg [edit]
深山 says..."↑さん"
そうなんですね。
いろんな現象には、すべて意味があると思っているので、
そういったことも、なにかのつながりがあるのかもしれないですね。
2014.11.06 12:22 | URL | #8w11VUaU [edit]
セイラ says..."ksさんの悲報"
一般人である私も、2007年に某元サマナから聞きました。まだお若いのに、、彼女の生涯はオウムにあったのか、、と思ったのを思い出しました。
苦しまず静かにこの世の生を終えられたのはよいことです。
それから、きっと尊師が彼女を高い世界に引き上げてくれたのだなとも感じますね。
2015.04.12 23:48 | URL | #JalddpaA [edit]
深山 says...">セイラさん"
コメントをありがとうございます。
にもかかわらず、プライベートがバタバタしてしまっていて、返事がすっかり遅くなってしまい、申し訳ありません。

KSさんは、本当に初期の初期からオウムにいた方でしたから、その思い入れはとても強かったのだろうと思います。
いろんな縁がありますよね。
2015.05.03 18:41 | URL | #8w11VUaU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.07.04 10:47 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。