風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

旅立ちの日 その4

KSさんとは、再会してから何度も話をする機会がありました。
KSさんの麻原さんに対する気持ちは、
教団にいた頃とあまり変わっていないように見えました。
事件のことは別にして、麻原さんに関しては、
ずっと宗教的な指導者と見ていたという印象でした。

KSさんは、教団の最も初期の頃からいたひとりです。
また、麻原さんが逮捕される直前まで、
麻原さんのすぐそばで活動していました。
ずっと麻原さんのそばにいたのですから、
教団を離れたとはいえ、気持ちが大きく変わることがないのは、
当然といえば当然のことのように思います。

一方で、事件に対してどう考えていたかということは、
よくわかりませんでした。
再会してから、そういった話を一切する機会がなかったからです。
状況が状況だったので、
そういう込み入った話をすることはありませんでした。
いま思えば、その点はちょっと残念だったように思います。

じつはKSさんが麻原さんのことをどう思っていたかということも
あらためて話をしたことはなかったように思います。
でも、とても印象的なエピソードがありました。
それはホスピスに入院していたときのことでした。

KSさんが入院している病室のドアには、
小さなガラス窓がついていて、
外から中の様子がうかがえるようになっていました。
私がKSさんの病室を訪れるときには、
ドアをノックする前にまずその窓から覗いて、
中の様子を確認するのが習慣になっていました。

その日も、ノックをする前にその窓を覗いていました。
するとドアの正面の窓際に置いてあるテレビの画面に、
そのときはまだ教団にいたJさんが映っているのが見えました。
KSさんは、病院の人たちに自分の経歴などは
明かしていませんでした。
そこで私はすぐに扉をあけて、彼女のそばにまで行って、
「外から見えている」と小声で伝えました。

私はてっきりKSさんが、外から見えていることに気づかずに、
DVDか何かを見ているものと思っていました。
しかし、それは勘違いで、彼女の見ていたのは、
リアルタイムで流れていたニュース映像だったのです。
彼女はテレビのすぐ前に椅子を置いて、座って見ていたのですが、
私に向かって、「大丈夫。これはニュースだから」
といって、またテレビに見入っていました。

その頃は、私は教団にほとんど関心がなかった時代です。
情報を入れてなかったので知らなかったのですが、
ちょうど教団が分裂する直前の頃だったようです。
それでJさんがインタビューを受けていたのでしょうが、
KSさんと一緒に観ることになった彼の話は、
事件以外の麻原さんの考え、やってきたことまでを
否定するような内容でした。

それを聞いていたKSさんは、テレビの中のJさんに対して、
「それはまちがってるよ。君の考えはまちがってる」
と、ハッキリした強い口調で話しかけていました。
それがまるで、目の前にJさんがいるかのような話しぶりで、
強く印象に残りました。

そんな姿を目の当たりにした私は、
KSさんは麻原さんに対しては、
深く信頼を持ち続けていたんだなと感じたものでした。

その一方で、教団に対しては、不信感のようなものを
持っているような印象を受けました。
それは私への気遣いから感じたことです。

その頃、KSさんは、最後のお別れをするために、
今生、縁のあったいろいろな人を病室に呼んでいました。
その中には、教団に残っている人たちもいましたが、
「彼らと話をしても不愉快になるだけだから」
といって、私が彼らと鉢合わせになるのを、
意図的に避けてくれていたようなのです。

なぜ不愉快になるかは、理由をハッキリと
聞いていないのでわかりません。
ここからは私の推測になりますが、これは現役と元を含めて、
教団に関わった人たちには、「自分が一番正しい」と思う一方で、
「自分とちがう道を歩いている人はまちがっている」という、
単純な発想をする人が多いからではないかと思います。

こんな風に、自分とちがう相手を受け入れることができないと、
無意識のうちに、その態度は相手を否定することになります。
そうなると、ちがう道を歩いている人と話をした場合には、
相手は当然、よい感情を持てないのは自然なことです。

また、当時はいわば、教団の分裂が
リアルタイムで進んでいたときです。
教団内部にいた人たちは、とくにピリピリしていたことでしょう。
その排他的な心が、ときおりKSさんに向けられることもあって、
それが「不愉快になる」という言葉に
つながっていたのかもしれません。

KSさんは、こんなふうにいつも相手のことを気遣う人でした。
それは死を目前にして、自分自身が
一番辛い状況にある中でも同じでした。
私が見ていたKSさんは、最後までずっとそんな感じでした。
死を恐れている様子は、微塵もなかったのです。

しかし、そんなKSさんですが、こうやって
いろんな人を病室に呼ぶことを、ある時期からやめました。
それは彼女自身の身体が次第に弱ってきて、
自身の転生の準備のための時間を多く取りたかったからのようです。
それからもうひとつ、KSさんのご家族が、当たり前のことですが、
オウムのことをよく思っていなかったことも大きかったようです。

KSさんは東京都の出身です。
ご家族の知人や友人の中には、地下鉄サリン事件の
被害者の方もいたようで、脱会した彼女が
教団関係者と少しでも関わることは疎まれていたようです。
私の印象では、ご家族の方々には彼女の人生の多くを奪った
(と思っている)オウムとは、ほんの少しであろうとこれ以上の
関わりを持って欲しくないという気持ちが強いようにも感じました。

とくに否定的だったご家族の一人は、じつはKSさんよりも先に
ガンを患っていたということです。
発症はKSさんのほうが遅かったのですが、若かったので進行は早く、
結果的にこの方がKSさんを看取る形になったのでした。

そんな状況だったので、KSさんが希望していた
遺骨の散骨も実現は不可能でした。
ご家族の方は、自分が信じる方法で「供養」をしたかったようで、
KSさんが「せめて半分だけでも散骨させて欲しい」と頼んでも、
願いは最後まで聞き入れられることはありませんでした。

そんなこともあって、KSさんはある時期から、
病室へのオウム関係者の訪問をストップさせました。
そのことに関してKSさんは、「もう最後の挨拶はできたから」
と、さばさばと話していました。
私に関しては、その時点でオウムとまったく関わっていなかったので、
最初は問題なく面会することができました。
散骨を頼んでいたくらいだったので、KSさんの希望では、
私にはお葬式にも参加してほしかったようです。
しかし、ご家族の方が頑なで、
最後まで首を縦に振ってくれませんでした。
そんなこともあって、最後の方は、
ご家族と鉢合わせにならないようにKSさんが時間を指定して、
そのタイミングで病室を訪れるという形になりました。

しかし、KSさんの体がどんどん弱ってくると
そういった配慮をすることさえも難しくなったようです。
そのため、最後の数週間は、
KSさんに会うことができなくなっていました。

そんな頃、KSさんからもらった最後のメールには、
「これから、ホスピスのイベントで
ボランティアの人たちや患者さんたちとケーキ作りを行います。
ささやかな楽しみです。」
といった内容のことが書かれていました。

おそらくは、まだ生きていますよ、ということを
知らせるために打ってくれたのだと思います。

しかし、いつもは長文のメールが多かったのに、
このときはかなり短いメールだったので、
体が相当に弱ってきているのかなと感じたりもしました。
このメールのとおり、ケーキ作りに参加したとしても、
車いすでの参加が精一杯だったのではなかったかと思います。

そして、そのメールから一週間も経たない頃です。
私のまわりで、また不思議なことが起こったのでした。

関連記事

Category : KSさんのこと
Posted by machiku on  | 8 comments 

8 Comments

元R師 says..."No title"
やっぱりステージ高いですね、さすがです。

ケーキ作り楽しかったんだろうなあ。
オウムでも一番料理関係に詳しい人でしたからね。
2014.09.02 20:08 | URL | #- [edit]
深山 says...">元R師さん"
私が出家したばかりの頃、KSさんはグルから、料理がうますぎると怒られていたことが懐かしく思い出されます。作った炊き込みご飯が料亭並みのおいしさで、とらわれだと怒られていたんですけど。
上手すぎて怒られた人って、他には記憶がないんですよね。それだけ、グルから厳しく接しられていたひとりだったってことですよね。
2014.09.03 10:04 | URL | #8w11VUaU [edit]
元R師 says..."No title"
あはは、ありましたね。
その話、弁当屋で聞いた覚えがあります。
2014.09.05 19:54 | URL | #- [edit]
深山 says...">元R師さん"
有名な話になってたんですね。
いまなら怒られた理由は理解できるけど、出家したばかりのときは「なぜ?」と困惑しました。(笑)
とらわれの意味を他のサマナにも理解させるために、代表で怒られたってこともあったんでしょうね。
2014.09.07 12:19 | URL | #8w11VUaU [edit]
元師 says..."ほめられた、、、"
出家してしばらくして、麻原さんに供養する機会がありました。数人の女性サマナがいました。私は料理するのが好きではなく嫌でしたが、各自一品つくるようにと。それで、何か作って供養したのですが、麻原さんからのコメントは一言「Dは修行者だな」と(笑)美味しくないことでほめられたのでした、、、
2014.09.07 14:29 | URL | #U9GrxYy2 [edit]
深山 says...">元師さん"
そんなことがあったんですね!
麻原さんって、いつも予想していない言葉を、しかも的確に返してくれますよね。
その褒め言葉、私もとても気に入ってしまいました。(笑)
2014.09.07 16:15 | URL | #8w11VUaU [edit]
yasu says..."No title"
KSさんのように、
料理が旨すぎると、
餓鬼のカルマになるんでしょうかね?
ちなみに、わたしは、
料理はうまくなりたいとは思うんですが、
作るのは、「ごった煮」のような感じで、
家人からは「下手物料理」だと言われています。
栄養になりそうなもの、
生姜、リンゴ、玉葱などをすり下ろしたり、
みじん切りをしたもの、
挽き肉、鰹節、りんご酢などを入れていますね。
まあ、時々は、チーズや酒粕も。
まるで、オウム食みたいに不味い感じですが、
1997年頃、道場で食べたオウム食の方が
美味しいと感じましたね。

餓鬼のカルマも、現象化すると、
癌などになったり、盗難にあったりと、
さんざんな目に遭ったりしますが、
そういう人って、バルドーが元々綺麗だったり、
高い世界からのエネルギーが流れてきている場合もありそうですね。
KSさんのように。
と、思ってしまいました。

2014.09.07 21:47 | URL | #s48xcqFo [edit]
深山 says...">yasuさん"
yasuさんの紹介されたレシピは介護食なんでしょうかね?
一般の概念でいけば、健康な人であれば、歯ごたえのあるオウム食の方がおいしく感じるような気はします。(笑)
あと、yasuさんのことだから、エネルギー的なものにも反応されたんじゃないですか?

料理が上手かどうかというよりも、それにとらわれると餓鬼のカルマにつながるということですよね。
自分がおいしいものを食べたくてこだわり続けると餓鬼のカルマを積むことになりますが、たとえば病気の人に健康になって欲しくておいしく食べてもらいたいとか、子供の好き嫌いをなくすために「こだわる」という場合は、餓鬼のカルマには必ずしもつながらないこともあると思います。

カルマが現象化して病気等になるときは、「功徳が切れて病気になった」という場合がほとんどかもしれませんが、修行者の場合は、サットヴァになって光が強くなって、内に隠されていたカルマが早く吹き出してきたという場合もありますよね。
病気という結果は同じように見えても、前者と後者では、病気や悪い現象に対する受け止め方が違うから、さらにその後の結果はまったく違うものになっていくんですよね。

最後はまわりに理解者がいない状況であったにも関わらず、死を超然と受け止め続けていたKSさんは、やっぱりすごいと思います。
2014.09.08 10:21 | URL | #8w11VUaU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。