風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

旅立ちの日 その1

すっかり更新を怠っていました。
前回の記事で、ひとつの区切りがついたかなと思ったことで、
このブログから気持ちが離れてしまっていたからです。

その一方で、何人かの人に、ある出来事を
このブログに書くことを約束していたので、
そのことが気になってもいました。
そこで今回、重い腰を上げて、そのことを書くことにしました。

その出来事というのは、キサーゴータミー正悟師(事件当時)が 、
次の生へと旅立っていったときのことです。

おそらくは私は、元、現役を含めたオウム関係者の中で、
その瞬間に最も近いときまで彼女と接していた一人になるかと思います。

その旅立ちのとき、不思議な出来事がいくつかあったので、
それらのことを今生、彼女と関わりのあった人たちへ伝えておきたいと思い、
このブログに書きたいと思っていました。

ただ、すでに亡くなっているとはいえ、
彼女の名前を大々的に出すことには、なんとなく抵抗があります。
冒頭では、便宜上、ホーリーネームを書きましたが、
ここから先は「KSさん」とさせてもらいます。


KSさんが旅立ったのは、2007年の年が明けたばかりの頃でした。
享年は、52歳だったと記憶しています。

KSさんと私は、不思議な縁で結ばれていたようです。
じつは私が、初めて直接会ったオウムの関係者が彼女でした。
オウム神仙の会(当時)に入会するために、
渋谷の小さなマンションを訪れたとき、
入会の案内をしてくれたのがKSさんだったのです。

その翌年、私は出家した直後に、唐突な麻原さんの指示によって、
いきなり独房修行に入ることになりました。
しかし、これはまったく心の準備がなかった私には難題で、
そのときは10日くらいしか続けられず、
「独房から出して欲しい」と麻原さんに懇願していました。

この願いは受け入れられましたが、その頓挫した私に代わって
独房修行をすることになったのがKSさんでした。

私は直接には聞いていないのですが、 説法会かなにかで
麻原さんは当時、信徒さんたちに向かって、
「秋までに3人の成就者を出す」と約束していたということです。

当初はその候補者の中に、私も入っていたのかもしれません。
しかし、私が「無理です」と言い張ってしまったので、
KSさんには、迷惑をかけたとまでは言い切れない部分もありますが、
大きな負担をかけることになってしまったようです。

ところが、NHKのドラマのときには、その逆のことが起こりました。

NHKの方から聞いたところによると、じつは未解決事件のドラマは
最初、KSさんを主人公として制作したいという意向があったようです。
しかし、その時点で彼女はすでに亡くなっていたので、
その後、紆余曲折があって、私を主人公にということになったようです。

こういった諸々の経緯があったので、
私はKSさんとは何か深い縁があったのかなと、
そんなことを感じています。

とはいえ、私が1995年に教団を出てからは、
KSさんとも長い間、会ってはいませんでした。
再会したのは、彼女が亡くなる前の年の2006年です。

その頃、人伝にKSさんが、がんを患っていると聞きました。
しかも、そのがんはすでにあちこちに転移していて、
彼女自身、余命幾ばくもない状態で、
私にも「死ぬ前に会っておきたい」ということだったので、
すぐに会うことにしたのでした。

関連記事

Category : KSさんのこと
Posted by machiku on  | 4 comments 

-4 Comments

Simon says..."お中元"
暑中お見舞い申し上げます。

深山さんのブログは時々お邪魔してますけど、夕べ、更新されていたのを気づきまして、ゆっくり読ませてもらいました。お中元ありがとうございます!(笑)

本当におっしゃる通りに「不思議な縁」ですね。NHKの方々に、KSさんを主人公で構成を立てたら、「生きている番組」というより過去の再現ドラマになっていた所も色々あると思うので、深山さんが主人公で良かったと思います。深山さんについて知らない方々が多いですし、知られざるお話にもなったので、公共放送として後世に残る資料・記録になったと思います。

あのドラマで入会する前のシーン覚えていますか?深山さんの役の方が電話をして、OLみたいな女性が受付の電話で「ああ、初心のゼミの感心の方ですか?」個人的に、あの場面で色々と考えさせられました。大手企業とかで若い女性が窓口で受け付けするのは、日本での独特な場面ですけど、あのシーンを見た時、「どんな組織でも、お金があったら、社会における主要の組織になれる」と思いました。カルトの一番の例で言われるオウムでさえも。。。

続編にどういうお話を深山さんから聞けるか楽しみにしていまーす!
m<(_ _)>m
2014.08.16 22:53 | URL | #- [edit]
元R師 says..."No title"
僕も彼女と縁があるので、続きを楽しみにしています。

はい、ありましたね、その説法。
僕は世田谷で生で聞きました。

僕が彼女がガンである事を聞いたのは2005年だったように思います。
まあ、警察からの情報でしたが。(笑)
2014.08.17 10:33 | URL | #- [edit]
深山 says...">Simonさん"
暑中お見舞い申し上げます。

あのときのNHKのドラマの作り方では、もうすでに亡くなっていたKSさんをモデルにすることは不可能だったと思います。制作者側は、とにかく、これまで知られていなかったことを忠実に再現したいということで、ここまで聞くのかというような細かいことまでを、何時間にもわたって話すという作業が必要だったんです。
でも、そこまでしても、私の立場からすると、あまり忠実な再現ドラマでもなかったかなと思っているのですが…。
なので、後世に残る資料と言われると、ちょっと複雑な心境です。(苦笑)

入会するシーン、覚えていますよ。
でも、あそこは、さほど大事な箇所ではないだろうという制作者側の判断で、入信前は全般的に、あちらの判断で適当に作っているシーンが多かったんです。電話のシーンは、まさに、適当に作ったシーンでした。
なので、そんな風に記憶している方がいるということに、ちょっと戸惑ってしまいました。
実際に最初に電話で話したのは、東北なまりのある男性だったんです。だから、そこも、ものすごく手作り感あふれていたというか、組織というイメージは、全くない時代だったんですね。
そのもう少し後の時代くらいでも、電話が鳴ると、たまたま事務所にいた麻原さん自身が電話に出ることもあって、「自分が麻原だ」とは名乗らずに、そのまま事務や経理に麻原さんが取り次ぐということもあったくらいでした。
後期の時代からは、考えられないことですね。

続編、楽しみにしていただいてありがとうございます。これまでよりは、もう少しテンポ良く続きを書いていきたいと思っています。
2014.08.17 10:35 | URL | #8w11VUaU [edit]
深山 says...">元R師さん"
ご無沙汰していました。

2005年に警察の人から聞いていたなんて、情報早いですね!
もっともKSさんは、いろんな人と交友があったようなので、警察の人にも、いろいろ話していたのかもしれないですね。
それにしても、警察はいつのときもおしゃべりが過ぎる人が多いなと、しょっちゅう思わされます。(苦笑)
2014.08.17 10:47 | URL | #8w11VUaU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。