風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

『オウム真理教秘録』その2<動機>

前回に引き続き、『オウム真理教秘録』を読んで
感じたことを書くことにします。

オウムが地下鉄にサリンをまいた理由は、
いまに至っても大きな謎として残っています。
これまでいろいろな人がいろいろな推測をしてきたし、
この本でも従来と違った視点からの謎解きが試みられています。
しかし、書かれていたのは、私を心から
納得させてくれるようなものではありませんでした。

オウムはなぜあのような事件を起こしたのか。
そのことはやはり麻原さんにしか説明できないことかもしれません。
しかし、私の中には、自分なりに考え、感じながら
到達した答えがないわけではありません。
もちろん、その見方ですべてを説明できるとは考えていませんが、
これが目的の一つだったことはまちがいないと確信しています。

オウムはなぜあのような事件を起こしたのか。
それは「教団をつぶすこと」が目的の一つだったと私は感じています。
おそらく誰もが突拍子もないように思われるこの見方について、
私は折に触れて話してきました。
しかし、それはNHKのドラマにも今回の本にも、
一切取り上げられることはありませんでした。

これは当然だと思います。
事件の目的の一つに「教団をつぶすこと」があったなどとは、
ふつうでは到底納得できるはずがありません。
どんな目的があろうと、いままで築いてきたものを
あっさり壊すなど考えられないからです。

しかし、それはあくまで「一般の価値観」で考えてのことです。
オウム問題を考えるときには、一般の価値観とは大きく異なる
「オウムの価値観」、より正確にいえば「麻原さんの価値観」で
考えてみることも大切なことではないでしょうか。

事件の目的の一つに、教団をつぶすことがあるかもしれない
という見方を私がするようになったのには、あるきっかけがありました。
このことについて考えているとき、麻原さんから直接聞いた言葉が
強く思い起こされたのです。

それは『サンデー毎日』によるバッシングが始まった頃のことでした。
ちょうど麻原さんの奥さんが、三つ目のヨーガであるマハームドラーを
成就した時でもありますが、富士山総本部道場の敷地内で、
目の前を歩いていた麻原さんから唐突に呼ばれて、
このように言われたのです。

「いまマハームドラーを成就している者たちは、
比較的カルマ(業)が良い者たちなんだよ。
それが後になればなるほどカルマが悪い者たちということになる。
カルマが良い者が成就するときでも、これだけオウムが叩かれるということは、
3万人のマハームドラーの成就者を出すためには
教団をつぶすしかないようだな」と。

麻原さんは、通りすがりに近くにいる人を呼びつけて、
ひと言だけ話して去って行くということをときどきしていました。
そういうときの言葉は、謎めいてはいるものの、後で振り返ると、
とても重要な意味を持っているということがよくあったので、
このときの言葉は強く心に残りました。

オウムのいう救済の中身を理解するのは、なかなか難しいことです。
これは一般の人だけでなく、おそらくオウムの信徒でも同じだと思います。
そんなこともあったのかもしれませんが、麻原さんは3万人の阿羅漢、
すなわち3万人のマハームドラーの成就者を出す、というふうに、
救済の目標を具体的に示していました。
そして、先ほどの話はそのことに触れたもので、目標達成のためには
当時のバッシングよりもさらにひどい「カルマ落とし」の状況が
必要になると言っていたわけです。

オウムに集っていたのは、教団の最後の時期でさえ、
在家信徒を合わせても1万人程度だったと聞いています。
そう考えると、「3万人の阿羅漢」という目標自体が、
あり得ない妄想のようなものといえるのかもしれません。
しかも、それに期限を課していたので、
側で見ていても達成が困難に思えました。

しかし、たとえそうであっても、自らが掲げる目標の達成のために
真剣かつ全力で取り組むのが麻原さんでした。
そして、目標に近づくことができるなら、
それが教団をつぶす結果を招こうと、
躊躇なく平気でやるようなところがあるのも確かなのです。

ただ、ここでいう「教団をつぶす」とは、自爆テロのようなものではなく、
弟子たちの修行を進めることを目的としたものという意味です。
そのために社会から徹底的に叩かれる環境を意図的につくった、
と考えられなくもないということです。

そもそもオウムのサマナは、
「この世のすべては苦しみであり、すべては無常である」
という仏教観を教わっていました。
だからこそオウムに出家して修行をしていたのですが、
組織が大きくなると暮らしが安定し、
その雰囲気の中に安住してしまうような雰囲気も見られました。
麻原さんはそのことを危惧しているという話をよくしていたので、
方法はともかくとして、オウムという場さえも無常なものであると
弟子たちに伝えたかったのではないかと考えています。

このような事件が弟子の修行と関係しているという見方は、
一般の人にはなかなか理解できないことかもしれません。
しかし、この見方はその後の裁判の様子にも当てはまるので、
私の中では捨てがたいものになっています。

たとえば、一連の事件の裁判が始まった頃に、
麻原さんが事件が弟子たちによって引き起こされたかのような発言をして、
「弟子のせいにしている」と大いに批判されました。
ところが、途中からそのような発言はしなくなったどころか、
自分の弁護団が弟子たちを追及することを許さなくなり、
最終的には裁判そのものを放棄してしまったのは周知のとおりです。
このことをどう見るかは難しい問題ですが、
グルと弟子の関係で考えると、次のような見方もできるわけです。

麻原さんはよく弟子たちに、
「自己の苦しみを喜びとし、他の苦しみを自己の苦しみとする」
という詞章に象徴される、利他心の大切さを説いていました。

このように書くとお叱りを受けることはわかっていますが、
事件の実行犯になった人たちにしても、
その時点でそれが救済になると真剣に考えていたから、
あのような凶悪な犯罪行為に手を染めることができたのだと思います。
そして、彼らが本当に救済のつもりで事件を起こしていたなら、
自分が逮捕されて罰せられようと後悔しないだろうし、
崇高な心でグルを守り、自分がすべての罪をかぶることで
我が身を挺して救済を進める道を選択するのではないかと思います。

そして、麻原さんもそういうことを弟子たちにやらせたかったから、
最初にあえて弟子のせいであるように話して、弟子たちの心を試し、
成長の機会を与えたというように感じているのでした。

しかし、弟子たちは多くはそうしたことができませんでした。
自分を捨てることができないどころか、
中には我が身を守るために平気でウソをつく者もいるように見えました。
そこで今度はそういうことをやめさせるために、
途中から一転して弟子を守る姿勢を見せるようになり、
最後は裁判そのものを放棄してしまったというように感じるのでした。


じつは森達也さんが書いた『A3』の中に、
いまのことに当てはまる記述があります。
死刑囚の一人である中川さんが聞いたというものです。
ニュアンスは少しちがいますが、彼は麻原さんとのやりとりの中で、
「教団はつぶれる」、そして「自分は弟子のいないところで死ぬ」と、
そんなことを何度となく聞いたといっていたそうです。
それはいまの状況を予測していたということなのかもしれません。

裁判を放棄した麻原さんは、その後は拘置所の中で、
まるで狂人のような振る舞いを見せているといいます。
私は直接見ることができませんが、漏れ伝わって来る話を聞くと、
以前の麻原さんの姿とのギャップに戸惑います。

同時に、まだオウム神仙の会の時代に
麻原さんが言っていた言葉が自然に思い出されます。
それは「私は今生はかっこ悪い救済者なんだよ」というものです。
それがどういうことを指していたのかわかりませんが、
私にはなんとなく、いまの姿とだぶって見えて仕方がないのでした。



未解決事件 オウム真理教秘録未解決事件 オウム真理教秘録
(2013/05/29)
NHKスペシャル取材班

商品詳細を見る

関連記事

Posted by machiku on  | 25 comments 

-25 Comments

中島 says...""
深山さんはオウムとどんな関係があるのですか?
2013.07.31 13:39 | URL | #SFo5/nok [edit]
深山 says..."中島さんへ"
中島さんの質問されている意図がよくわからないのですが、
いま現在のことをお聞きになっているのなら、関係はありません。
2013.08.01 08:43 | URL | #8w11VUaU [edit]
中島 says...""
僕が言いたかった事は、深山さんにオウムの信者時代があったのかなと思ったんです。
2013.08.01 19:35 | URL | #SFo5/nok [edit]
希暮竜輔 says..."No title"
林郁夫氏の「オウムと私」を読んだのですが、三女アーチャリーの予言「その予言とは、伝え聞くところによれば、オウムは一度つぶれる、その時点のサマナは堕落してしまっていて、救済の役に立たない、そのとき麻原を戴いて、教団を再生させるのは、現在、信徒(在家者)として活動している人たちである、という内容でした」というのがあるそうですね。
因みに、「私は今生はかっこ悪い救済者なんだよ」とありますが、客観的に見て、糞尿垂れ流しや接見に来た娘の前でマスターベーションをするなど「かっこ悪い」というレベルではないですね。v-129
2013.08.01 23:29 | URL | #- [edit]
深山 says...">中島さん"
ここで書いているのは、私の信者時代の話しが中心です。
今度、時間のあるときに、もう少しきちんとした
プロフィールを書いておくことにしますね。
2013.08.02 00:09 | URL | #8w11VUaU [edit]
深山 says...">希暮竜輔さん"
林郁夫さんの本は、もう何年も前に途中まで読んだだけなので、ここに引用されている言葉からの推測になりますが、「予言を伝え聞いた」ということは、その話しは噂話ということですよね。オウムの中での噂話は、元々の話しから内容が大きく外れてしまうことがほとんどでした。なので、三女さんから直接に聞いたという話しならまだしも、噂話のレベルでは議論するだけ時間の無駄だと思います。
それから、ここで私が書いたのは、あくまでもオウムがサリンを撒いた動機の中に、「教団をつぶす」という麻原さんの明確な意思があったのではないかという推論であって、予言の話ではないことをご理解ください。

また、どこまでが「格好いい」とか「かっこ悪い」とかのレベルと判断するかは、あくまでも個人の主観によるものだと思いますので、これについては本文に書いた以上の意見はありません。
2013.08.02 00:29 | URL | #8w11VUaU [edit]
ライナス says..."教団をつぶすこと"
> 「教団をつぶすこと」が目的の一つだった

この見方に同意します。
それと、もう一つ、
常に、否定する自由があるという状況でしか、
人間界には真理が与えられない、
という神々の規則のようなものが
あるのかもしれません。

霊性が高い深山さんの書いた文章は、
密度が高く、内容が推敲されていて、
興味深く読むことができます。
また更新して下さい。
2013.08.25 17:57 | URL | #8KaJmr76 [edit]
深山 says...">ライナスさま"
同意のコメントをありがとうございます。

>否定する自由

お互いに、ひと言で説明するには、とても難しい内容ですね。
ただ、神々の規則かどうかはわかりませんが、
上昇エネルギーと下降エネルギーが拮抗している人間界では
一度否定して経験してからでないと先に進めない魂が大勢いるのは
確かなんだろうなとは感じています。

次の記事は、まだ頭の中で考えているだけなのですが、
また時間を作って更新したいと思っています。
2013.08.26 14:30 | URL | #8w11VUaU [edit]
元R師 says..."さすがですね"
僕も同じ結論に達しました。
目的は「教団をつぶすこと」、それ以外にないと思います。
十数年間このことを警察や公安調査庁、その他で話してきましたが、誰も本気にしませんでした。
初めて同じ考え方が出来る人に出会えて嬉しいですよ。

他の記事も読ませていただこうと思います。
2013.09.08 15:50 | URL | #- [edit]
友北 says..."崩壊させる喜び"
こんにちは。初めまして。友北こと滝本です。
まあ、ニュアンスは違うかもしれませんが、崩壊させる喜び、というものを持っていただろうと思います。私の1994年11月2日付にて警察などに上申した中にあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/5.html
の中の
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/siryou1.html#資料4
の第4結語の中です。

「問題は、教祖麻原彰晃こと松本智津夫の性格ですが、その生育環境とこれまでしてきた行為からすると、ある意味での経済合理性を考えてきた時代から、自己に忠実な組織を造る喜びに飽き、その限度が来たときには崩壊させることの喜び、歴史に名を残す喜びを、意識的又は無意識的に追求するおそれがあろうと思われます。裏で個人的財産を蓄えて崩壊後のぜいたくな生活を企図しているとも思えない点、他のいくつかのカルト宗教と異なり従来から自らもさほどのぜいたくをしていない点からして、逆にこの危険性が高いとも言えます。」
2013.09.09 15:20 | URL | #- [edit]
深山 says...">元R師さん"
バタバタしていて、返事が遅くなりました。m(__)m
元R師さんもブログを始められたんですね。
ぜひ読ませていただきますね。

目的は教団をつぶすこと以外にないというのは、本当にその通りだと思います。
理屈で説明できないことが多くて、書けない要素も多いのですが、
それでも同意してくれる人が意外に多いところを見ると、
密かにそんな風に考えている人は少なくないのかもしれないですね。
2013.09.10 15:40 | URL | #8w11VUaU [edit]
深山 says...">友北さん"
はじめまして。
もうすでに読まれているのかもしれませんが、私がブログを始めた経緯を、一番始めの記事に書いているので、出来れば、それを読んでいただければと思います。
http://varahi.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

これまで世間が麻原さんの事を、どんな風に言っているのかは、当然知っています。
ただ、それは、麻原さんに接したことのない人が、頭の中で考え出した麻原像でした。
その麻原像が、あまりにも実体とかけ離れていたことが、事件の動機をより複雑にして、見えにくくしているひとつの要素ではなかったかと私は考えています。
そこで、このブログで書いているのは、私が直接に接してきた麻原彰晃という人、それから、オウムというものです。
あくまでも、私が体験してきたことを、出来るだけありのままに書いていけたら良いなと思っています。そして、それが、事件の真相を本当に知りたいと思っている人のヒントになればいいなと考えています。

ということなので、ここでまた、世間で言われている麻原彰晃像を持ってこられても、どのようにお返事していいのかわからないというのが、正直な気持ちです。
当然、そのことで議論をするつもりはまったくありませんので、そのあたりをご理解いただければと思います。
2013.09.10 16:06 | URL | #8w11VUaU [edit]
白龍 says..."教えてください"
>上昇エネルギーと下降エネルギーが拮抗している人間界では
>一度否定して経験してからでないと先に進めない魂が大勢いるのは
>確かなんだろうなとは感じています。

エネルギーが拮抗している人間界だと、何を一度否定して、何を経験してからでないとどこに進めないのかを教えていただけませんか?
2013.09.15 22:17 | URL | #0Auklr8M [edit]
深山 says...">白龍さん"
他のところで書いた白龍さん宛への返信と被ってくると思いますが、ここでは、最終的な地点であるマハーニルヴァーナに進むためには、間違いや否定といったような経験も、時には必要なのではないかといったような意味で書いています。
これは、ライナスさんが書いている意味とは違っているかもしれませんが。。。
2013.09.19 19:11 | URL | #8w11VUaU [edit]
白龍 says..."了解です。"
なるほど、了解しました。
返信ありがとうございました。m(_ _)m
2013.09.21 19:12 | URL | #0Auklr8M [edit]
友北 says..."No title"
>私が体験してきたことを、出来るだけありのままに書いていけたら良いな
>それが、事件の真相を本当に知りたいと思っている人のヒントになればいいな

ええ、素敵なことです。

>世間-それは、麻原さんに接したことのない人が、頭の中で考え出した麻原像
>あまりにも実体とかけ離れていたことが、事件の動機をより複雑にして、
>見えにくくしているひとつの要素ではなかったかと

もちろん、その部分もありましょうね。
と同時に、木を見るのは森全体を把握するためのものでもあります
真相や全体像の把握、動機の把握は、裁判で分かった情報はもとより(発行されている裁判記録さえ碌に見ていない人も多い)、それぞれの人の体験をジグソーパズルのようにして嵌めていくことで見えてくるのだろうと。

私の書き込みは、そのひとつであり、
外側の人間だが、薬物イニシエーション、内部の死亡事故、ビリンダヴァッチャさんの虐殺事件などを把握して、警察など通報していた、
それらのうえで、麻原さんが崩壊させる喜びを実現するかもと、1994.11.2に述べていた
というパズルの一つの呈示です。タナトスというか破滅願望というのかな。
2013.09.22 09:11 | URL | #- [edit]
深山 says...">友北さん"
趣旨をご理解いただき、ありがとうございます。
友北さんの意見は、ひとつの考え方として、
頭の中に入れておきたいと思います。
2013.09.22 12:27 | URL | #8w11VUaU [edit]
齋藤知子 says..."No title"
こんにちは。
素敵な文章ですね。
流れるように読みました。
麻原さんって執着なさすぎですね。
大多数からみると無謀w
でもそれだけやりたいことをやっている最中なのかなって思ったり。相手に学びを与えるためなら自己は盲目でもどんな姿でもかまわないといったスタンスなのかなって思いました。
深山さんは美しい方なんだろうなぁ。憧れます。
2015.07.16 18:35 | URL | #- [edit]
深山 says...">齋藤知子さん"
コメントをありがとうございます。
麻原さんと直接接したことがないにもかかわらず、
麻原さんの執着の無さを理解できるなんてすごいです!
知子さんご自身も、本当にやりたいことのためなら、
自分自身を捨てられるという要素を持ってられる方ということなんでしょうね。
2015.07.17 08:46 | URL | #8w11VUaU [edit]
齋藤知子 says..."No title"
朝ここをみたとき、わたしのコメントだけいくつか反映されていて、お返事がなくてすごく落ち込んでしまいました。。失礼なことを言ったかなとか、何も知らないのにすごく浅はかなことを軽々しくしゃべったかなとか、傲慢になってたかなとか。わたし、大好きだった人に捨てられたことまで思い出しちゃって泣いてました(笑)もうずいぶん前なのにまだ涙が出るとは。

わたし、だれにも嫌われたくないんです。愛されたいんです。少しでも嫌な顔をみるとドギマギして耐えられなくて、、自分がこうしてものすごく弱いもんだから、人にはこんな思いさせたくないって思っちゃって、いつもため息ついちゃったらすぐに嫌なきぶんじゃないよってことを現そうとしたり。ほんとにどこまで臆病なんだか。だから相手と駆け引きってできなくて、すぐに返信しちゃうし、相手の気持ちにこたえたいって必死になっちゃって。。わたし、どんだけ嫌われるのがこわいんでしょうかw
そうやってずっと生きてきて、好かれたいからずっといろんな人に同調してきました。だからわたし、人によってカメレオンみたいに変わるんです。この人はうけとめてくれると思ったら、すぐにいっぱい出しちゃうし、壊れたおもちゃみたいです。ほんとうにただただ愛されたいんです。なんかすぐに泣いちゃってほんとにバカです。ものすごくあほでまぬけでみっともなくて。愛されたい。愛されたい。( ; ; )
愛されたいです。。捨てられるのはいやです。誤解されるのもいやです。離れていかれるのすごくかなしいです。わたし、無理してきたのかもしれません。離れていく人にすがりませんでした。すごくかなしいのにかなしいのに大丈夫なフリしてました。去る者追わずでした。いや、わたしもよく人から離れていってたんです。わかってもらえないと思ったら潔く離れてました。改めて人に愛されたい自分がわかりました。わたしはそのためだけにここにいるんだと思います。愛されたい。。。
なんか一人で暴走しました。いつも暴走してますw
元R師さんのとこでもひとりで暴走しました。バカです。
ほんとうにこどもから成長してないみたいです。
何気ないため息とか言葉でバカみたいに怯えて傷ついて。
そこでずっと必死になっていきてるだけで。
わたしのことバカにしてもいいけど嫌わないでってw
わたしの人生は終始それだけなんです。ただ嫌われるのがおそれられるのがこわいだけでいきてます。ひどくこわいです。
だけど時々周りはわたしのことがこわいみたいです。
逃げたり避けたりします。わたしはさみしいです。
みんなと仲良くなりたいだけなのに。ただの八方美人に見られちゃうのか、、自分がないと思われちゃうのか、変人と思われるのか。避けられるとさみしいですね。そんなもんかなって平気なフリしてたんですがずっと積もりに積もってたかもしれません。ここで自分勝手に吐き出しちゃいました。ごめんなさい。きっと深山さんのお返事がお言葉がうれしくてうれしくて甘えました。わたしはずっと誤解されるのがいやだったんです。わたし、よく誤解されてきたように思います。わたしはガードしてる人に対してガードしてしまうので誤解されるのも仕方ないですね。男を弄んでそうとか言われたりしたんですが、わたしは麻原さんみたいな顔の彼に対しては確かにひどいことをしましたが(笑)ほかはいつも尽くしては重いと言われふられてきました(笑)何を言ってるのかよくわからなくなってきました。。セッションでもあるまいし、、書きすぎてごめんなさい。えっとなんかめっちゃスッキリしました。深山さんの深い愛に包まれたようです。ありがとうございます。
2015.07.17 10:49 | URL | #- [edit]
深山 says...">齋藤知子さん"
まずはコメントを承認してからお返事を書くので、その短いタイミングの時にご覧になられて、落ち込んでしまったのですね。
でも、とてもバタバタしているときは、承認だけして、お返事は後回しの時も多いのですが、今回はそれをしなくて良かったです。(笑)

私がまだ出家をする前の頃ですが、麻原さんに対して、当時お付き合いをしていた人が優しくないんだというような愚痴を話したことがありました。
そのときの麻原さんは、本当にさりげなく
「優しくして欲しければ、自分が優しくすればいいだけのことなんだ。簡単なことなんだよ。」
というように言われたんです。
それがとても深く心に入ってきて、とても印象に残ったんですね。
それから、優しさってなんだろう、本当の愛ってなんだろうとよく考えるようになって、麻原さんの説法でも、そういった内容のときの方が印象に残っているような気もします。
それから、不思議なことに、まず自分が与えることを考えるようにしていると、そのうち、自分の中にあった寂しさみたいなものは、自然と消えていったようにも思います。

知子さんのようなお話は、多くの女性が持っているものだと思いますが、そういったことにも答えが出せてしまう麻原さんの教えは、やっぱり深かったなと感じています。
2015.07.18 08:44 | URL | #8w11VUaU [edit]
齋藤知子 says..."No title"
わたしずっと麻原さんのこと誤解していました。そんなにやさしい方だったんですね。やさしい方には麻原さんのやさしさがどんなことがあっても一時は恨んだとしてもいずれ必ず麻原さんの温もり麻原さんの深い意図に気づくと同時にその気づいた方もずいぶん愛に深まっているのではないかとそうであればほんとうにうれしいですね。なんだかすくわれたような気がします。わたしももうすこしがんばろうと思います。愛されるため愛するために。
2015.07.18 12:04 | URL | #- [edit]
深山 says...">齋藤知子さん"
麻原さんは、優しい愛も厳しい愛も、その両方を持ち合わせていると感じますが、厳しい愛はなかなか理解されませんものね。
それでも、麻原さんからは愛しか感じないという人も、少なからずいるのも事実です。
2015.07.19 05:52 | URL | #8w11VUaU [edit]
はっさく says..."事実"
いじめっ子が作りだす団体の空気感。

もったいつけて語るような内容じゃない。

知恵遅れの麻原は自分の教団も破壊した。それだけ。

既存の社会組織を妬んで破壊行動に出た。それだけ。

先のコメントの中には自分の尊厳を守るために事実が見えなくなってるだけ。

本当に先に進める者は、実態を知ること。そこから踏み出すしかない。
2016.10.18 04:22 | URL | #- [edit]
深山 says...">はっさくさん"
事実ということですが、確かに、当時の教団においては、何人もの方が亡くなりましたし、
何人もの死刑囚が出てしまったことは紛れもない事実です。
しかし、その一方で、そんなきな臭い雰囲気とは遠くかけ離れた、真逆の現実があったことも事実です。
それらすべての現実を受け入れなければ、真実が見えてくるわけがありません。

なぜ、実際に自分で見て、聞いて、体験して、経験してきたことを否定しなければならないのでしょうか。
自分が実際に経験したことを否定してまで、世間の声に合わせなければならないのでしょうか。
もし、自分の見てきたことを全否定し、強制的に世の中の意見に自分をはめ込んだときには、
そこに真実が存在することはあり得ないということを、ご理解いただければと思います。
2016.10.19 17:17 | URL | #a69LD/4E [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。