風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

入信、そして出家の動機

忙しくてなかなか更新ができませんでした。
申し訳ありません。

なぜ麻原さんを信頼できたのかということの続きとして、
今回は、まず入信や出家の動機などについて書くことにします。

私が入信をしたきっかけは、ドラマにもあったように、
バブル前夜という、浮かれた時代に対して
違和感を感じていたことが大きかったと思います。
でも本当のところは、それだけが理由ではなく、
子どもの頃から強く持っていた思いが影響していました。

私は子どもの頃から、
この宇宙の外はどうなっているんだろうとか、
なぜ人の心と自分の心が別々なんだろうとか、
いまいるこの世界も、もしかしたら夢の世界ではないだろうかとか、
そんなことをよく真剣に考えていました。
いま目の前に見えているものだけがすべてではないように思えて、
私たちが住んでいる宇宙が本当はどうなっているのか、
いつも気になっていたのです。

だから初めて行った丹沢のセミナーで、
麻原さんが私がすっと知りたかった、ヨガや仏教の教えに基づく
宇宙の構造のことを説法で話してくれたときには、
本当に感動しました。
そのときはまだ右も左もよくわからない新入会員でしたが、
もっと話を聞きたいと思い、スタッフ(当時は出家サマナのことを
こういいました)になることまで真剣に考えていました。

また出会った直後から麻原さんやオウムに強くひかれたのは、
子どもの頃から修行を求めていたことも大きかったと思います。
まだ小学校の低学年だった頃のあるとき、こんなことがありました。

私の母は、山奥にあるお寺巡りが好きで、
普段からひとりで出かけていました。
その母がとても気に入ったお寺があり、ある日曜日に母のすすめで、
家族全員でそのお寺へ行ったときのことです。

我が家から車で1時間くらいのところにあったそのお寺に行くと、
住職さんが銅鑼のようなものを叩きながらお経を唱えてくださいました。
その銅鑼は、木魚のようなポクポクポクポクという素朴な音ではなく、
ボーン、ボーンといった低い音が響くようなものでした。
私たち家族はその音とお経を、正座をし、目を閉じながら聞いていました。
そのとき私は、自分の肉体からもう一つ別の身体が抜け出して、
お寺の中をフワフワと飛んでいるような、気持ちの良い体験をしたのです。

その時間はとても幸福で、住職さんのお経が終わったときには、
目を開けるのがとても残念でなりませんでした。
そして終わってから父親に、
「もっとやろうよ、気持ち良かったよ」とねだっていましたが、
その姿を住職さんは嬉しそうに見ていました。

その後、成長するにつれ、いろんな本を読んでいるうちに、
そのときのことは、瞑想のひとつの体験だと理解しました。
そして次第に、瞑想というものを本格的に学びたくなったのです。
でも一方では、瞑想修行というのはちゃんとした指導者がいなければ、
とても危険ではないかという思いが直感的にありました。
それで結局、自分が心から優れた指導者と思える人が見つかるまで、
瞑想修行を行うのを我慢していたのです。

そんな思いがあったので、25歳になった頃、
麻原さんの書いた『超能力 秘密の開発法』という本に出会ったとき、
強くひかれることになったわけです。
この本を夢中になって一晩で読んでいましたが、
それは「もしかしたら探していた指導者が見つかったかも」と思い、
とても嬉しかったからです。

そして本を読んですぐオウムに電話し、入会の手続きをしていました。
その頃のオウムがあったのは渋谷の小さなマンションですが、
喜びが抑えられず、すぐに出向いていたのです。

このときには同時に、それから数ヶ月後に行われるセミナーと、
麻原さんからのエネルギー移入であるシャクティーパットの申込まで
行っていました。
そこまでのことを一気にやってしまったのはやっぱり、
子どもの頃から求めていたことをかなえられる場所を、
やっと見つけることができたと感じたからだと思います。

そして入会後は、当時麻原さんが使っていた「千年王国」という言葉に
強くひかれました。
表現は時代によって変わりましたが、私が強く望んでいた、
修行をしながら生きていくことができる理想の社会のことです。
まだオウムが小さなヨガサークルのような組織だった頃から、
麻原さんはそのような社会をつくりたいとずっといい続けていました。
そのことに心から賛同できたし、大きな価値のあることに思えたので、
最終的には私も出家する道を選んだわけです。

じつはNHKから取材を受けたときには、
そのようなことまでは話しませんでした。
わざとそうしたのではなく、聞かれなかったので話せなかったという感じです。
でも宗教や精神世界にあまり関心のない人にとっては、
入信理由や自分の全財産をお布施してまで出家した理由を
理解してもらうことは、なかなか難しいことのようなので、
今回は補足として書いておくことにしました。
もちろん、その頃の浮かれた時代の雰囲気に違和感を覚えたことも、
内的な世界への関心をさらに強めていくきっかけになったことは
まちがいありませんが。


ということで、また次に続きます。

関連記事

Category : 出家生活
Posted by machiku on  | 2 comments 

-2 Comments

Simon says..."人間には体の他、心もあります"
深山さん、こんにちわ。

こちらの書き込みはとても興味深く、心が動かされました。私も子供の頃は星空の背後には何があるんだろうと何度か思ったことがあります。科学に感心を持つことがあって、宇宙創造に関する理論とかを勉強して、改めてこういう哲学的な問題は大切ですが、答えが簡単に見つからないと実感しました。どうしてオウム真理教には数々の優秀な若い方々が入信したかという質問は当時からありましたが、周りはそれぞれきっかけがありますが、深山さんの場合は子供の頃に追い求めていたことの答えがあるかもしれないという気持ちが一つの動機だったんですね。気持ちがよく分かる気がします。

2005年になくなられたローマ法王のヨハネ・パウロ2世の側近のオーケストラの指揮者だった方は実はユダヤ教徒だったのですが、彼のインタビューを見た時に法王はどの宗教でもいいから、表だけでなく、ちゃんとまじめな信仰を持つこととが人間だと進めていたそうです。今の日本は宗教その物に疑惑や違和感があるのですが、でも昔の日本は決して宗教を否定していませんでしたよね?ちょっと残念です。

バブルの時代は自然に経済成長があったから、宗教や信仰を無視してもどうにかやっていける人がありましたけど、今の緩やかな下り坂な状況がある今では改めて、一回しか無い人生には体だけでなくて、心のケアも大切さが主要な思想になるといいんですけどね。宗教への疑惑が解けたら、カルトとかも暴走しなくなるし、日本の文化も物質主義だと批判されなくなると思います。

とても心に響きました。
2013.05.19 14:40 | URL | #- [edit]
深山 says..."Simonさま"
返事がすっかり遅くなってしまって申し訳ありません。
とても素敵なコメントで、本当にその通りだなと感心しながら読ませて頂きました。

オウム真理教に入信したきっかけは、人それぞれといっても、やはり、精神的なものを求めて入っていった人がほとんどでした。麻原さんの話がとてもわかりやすかったということと同時に、どんな質問にも答えてくれたということは大きかったんじゃないでしょうか。

それから、当時から、日本は本当に宗教に対しての嫌悪感が強いですよね。でも、そんな人でも話を聞いていると、精神的なものを求めている人も少なくなくて、宗教というものに対しての偏見が強いのかなとも感じます。しかし、中には、完全な物質主義の人も大勢いるのも事実ですし、確かに宗教に対する社会の偏見がなければ、暴走がなかった可能性も否定できないかもしれませんね。

といっても、日本もバブルの時代に比べたら、ゆっくりではあるけれども、精神的なものを見直している風潮は少しずつ大きくはなってはいるかなと感じます。物だけでは幸せになれないことに気づいてきているというか。でも、本当に宗教的な国に戻るには、残念ながら、まだちょっと遠いかなとも感じてしまいますが。
ただ、これからも時代は変わっていくでしょうし、それがどんな風な流れになっていくのかを、見ていけたらいいなと思っています。
2013.06.05 11:02 | URL | #ilQ.Cf9I [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。