風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

グヤサマジャのエレメントバージョンについて

今回は、グヤサマジャに五大エレメントの一部のバージョンが
あるのかという話についてです。

これは、コメントでも聞かれたことでしたが、
その後、他の人からもメールでご質問をいただいたので、
本文の方で、簡単に書いておこうと思いました。

今回の話は、オウムの元サマナや元信徒、
あるいは、現信者の方にしかわからない話だと思います。
私が描いた全部のグヤサマジャを並べてみると一目瞭然ですが、
背景が全部違っています。

これは、前にも簡単に触れましたが、背景に関しては、
麻原さんからの指示はありませんでした。
すべて、私がそのときに描きたいと感じたように描いていました。

そのためと言っていいのかわかりませんが、
今となっては、描いた本人の私も
どんな背景で描いていたか、すべてを記憶してはいません。
『マハーヤーナ』に掲載されている一番始めに描いたグヤサマジャは
水の中から蓮華の台座が出ているものなので、
水元素バージョンと言っている人もいるようですけど……。

記憶にあるのは、独房修行を経て成就と認定された後に
描いたものに関しては、初めて麻原さんに、
手放しで褒めてもらえました。
成就認定後に描いたグヤサマジャに関しては、
それまでとは違った出来になったと自分でも感じました。
なので褒めてもらえたことが素直に嬉しかったことを
ハッキリと記憶しています。

それは、修行によって心の浄化が進んだことが
描いたグヤサマジャの絵にハッキリと現れたと、
自分でもそう感じていたので、
褒められたことが喜びにつながったということです。

そして、さらに時間が経って、最後の方に描いたものに関しては、
私自身、具体的な風景はいらないと感じるようになっていました。
なので、深いブルーの中に
グヤサマジャが浮いているようなイメージで
描いたように記憶しています。

そういった背景の移り変わりが、見る人によって、五大エレメントの
地元素バージョン、水元素バージョン、空元素バージョンというように
見えているのかなと思います。

確かに、言われてみるとそうなってるかな、とは思うものの、
そのときに描いていた私自身は、意識していたわけではありません。
今回は地元素バージョンで描こうとか、空元素バージョンにしようとか
考えていたわけではありませんでした。
違いについてあえて理由付けをするとすれば、そのときの感覚的なもの、
といった言葉になるでしょうか。

○○バージョンという話は、最初は「そう見えるね」というのが、
伝達されていくうちに、「地元素バージョンや水元素バージョンがある!」
という断定形に変わっていったのかもしれません。
実際、オウムの中の噂話は、だいたいそんな感じでした。

そのため、本当に真相を知りたいときは、話をしている人に聞いて、
最初にその話をした人を特定して確認しなければなりませんでした。
そうやって話を聞いてみると、たいていの場合は、
広まっている話とは違う内容である場合が多かったように思います。

ちなみに、グヤサマジャの噂話では、
描いているのがある政治家の四男の方というのもあるようです。
こちらはオウムの中ではなく、一般の人のネット上での噂話です。
真実のように主張している人もいるようですが、事実無根です。

○○バージョンというのは悪意のない噂話ですが、
一般に流れていた作者の話は、相手を陥れるために
誰かが意図的に流したように思われます。
あまりにひどいことで、根も葉もない噂話を目にするだけで
悲しくなったものです。

と、最後はまったく関係の無い話になってしまいました。
ともあれグヤサマジャの○○バージョンの話は、
見る側の人たちの感想から始まったもの、
と認識していただければと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Category : グヤサマジャ
Posted by machiku on  | 6 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。