風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

『アット・オウム』(本の紹介)

アット・オウム


またまた、前回の記事からずいぶんと時間が経ってしまいました。
実は、旅立ちの日のシリーズでは、
もう一回だけ最後に書こうと思っていたのですが、
リアルの生活がバタバタしてしまって、機会を逃してしまいました。

それはまたの機会にさせていただいて、
今回は本の紹介をさせてもらいたいと思います。

実は今年の2月に入ってから、同居人の早坂に、
知り合いを通じて、ある人から取材依頼がきました。
それが今回ご紹介をする本の著者である、古賀義章さんです。

古賀さんは3月20日に、古賀さんにとって2冊目にあたる
オウムをテーマにした本を出版する予定でしたが、
オウムの教義について教えて欲しいという依頼でした。
出版まであまり時間がなかったので、
すぐに間に入っている知人にセッティングをしてもらい、
会うことになったようです。

その後、本の後書きにも書いてありますが、
9人の元信者にインタビューをして、そのうち4人から
締め切り間際に掲載を断られ、
30ページ分の原稿を見送ることになったそうです。

そのため、その穴埋めというわけでは無いのかもしれませんが、
急遽、麻原教祖の本や説法をいくつか入れることになり、
その解説も、早坂に依頼することになったわけです。

そのときに古賀さんが選んだのは、
坂本弁護士事件のその日に行われた説法をはじめとした、
オウム事件に深く関わっていると思われる説法を二つと、
オウムのバイブルといわれていた本の一つである
『生死を超える』の前書き、
そして、入信パンフレットに書かれていたものでした。

それらを並べて、あらためて読み返してみると
私自身は、まったく古賀さんとは面識がないのですが、
それでも彼が、どれだけオウムとはなんだったかということを
真剣に知りたくて、そんな純粋な思いから、
ずっとオウムを追いかけてきたのだろうということが
ひしひしと伝わってくるくらいに、
的を射ていると感じることができたものでした。

ただ、麻原さんの説法は、解説など必要ないほどに、
とてもわかりやすく説いているので、
最初はそれに解説など必要ないと早坂も思っていたようです。
でも坂本弁護士事件の当日に行われた三つの岩の説法などは、
世間でも有名になっているようですが、その解釈はただ単に、
三つの岩を殺害された三人に置き換えてしまうなど、
数字の語呂合わせだけで解釈されてしまっているようでした。
その説法の本質は、まったく理解されていないようなので、
そのあたりの解説を早坂が書きました。

そうしてできあがった本の見本が送られてきたので、
さっそく、全部に目を通してみました。

サリン事件が起こってから古賀さんが撮り続けた
オウム施設の写真を中心に、元信者のインタビューと
先ほども書いたように、麻原教祖の説法などの抜粋とその解説など、
いろいろなオウムが詰まっています。

その中で、私が印象的だったのは、
オウムのなぜをどんなに追いかけ続けても
オウムには入らなかっただろうという古賀さんの取材日記でした。

古賀さんは、オウムの向こう側にいるジャーナリストです。
でも古賀さんから見た向こう側を必死に理解しようとして、
冬の阿蘇にも泊まり込んでしまう姿に、
そこにも、もう一つのオウムがあるんだなと思いました。
その取材日記は、小さな字で、申し訳ない程度に詰め込まれた
感じになっていましたが、そのページを読んで、
いまのようなことを感慨深く感じました。



そして、最後にもう一つご紹介したい元信者のブログを。
>>オウムとクンダリニー

とても文章が上手で、引き込まれるブログです



スポンサーサイト
Category :
Posted by machiku on  | 18 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。