風の彼方へ

そして、いま、ここに在ること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by machiku on  | 

NHK未解決事件File2「オウム真理教」ドラマに寄せて その2

>>前の記事からの続きです。前の記事はこちら。


番組の宣伝では、
そのときの取材の時間は100時間に及んだと強調されていました。

実際はそれ以上で、メールのやりとりや電話なども含めると、
かなりの時間をNHKに提供しました。
もちろんほとんど無償です。

しかしそれだけ多くの時間を使っても、
私たちの言いたいことはなかなか正確に伝わりませんでした。

それは私たちが教団の中で経験してきたことと、
社会の中で培われたオウムのイメージが、
あまりにもかけ離れていたからだと思います。
そのためこの取材の最中には、何度もジレンマを感じました。

もちろん私も、自分たちが経験してきたことを一般の人たちが
すぐには理解できないのは当然のことだとは思っていました。

オウムはあれだけの大事件を起こしましたが、
そこにいた大多数の人は、そのことをほとんど知らずに過ごしていました。
それも一般の社会にいるときよりも穏やかな雰囲気の中で
修行とワークに励んでいました。

しかし起こした事件のイメージがあまりに強烈すぎて、
そんなことは実際に内部にいた人でなければ理解できるはずがありません。


オウムの中は万事がこんな感じなので、実際にできあがったドラマも、
実際とはかなりちがうものになってしまったところが何カ所かありました。

これは、こちらの言葉がうまく伝わらなかったのと、
ドラマをつくった人たちが自分のイメージによって
過剰な演出を行ったというのもあったようですが。


一例をあげると、独房修行での場面がそうです。

独房の中で泣き叫んで暴れたりというのは明らかな過剰演出で、
実際にはそんなことを一切していません。

あの当時、私が暗闇に恐怖を感じていたことは事実ですが、
それは自然に浮き出てくる自分の心の汚れを
嫌でも直視することになるからです。

そんなときは、カルマが落ちるまでひたすら耐えていましたが、
それでは視聴者にわかりにくいということなのか、
心の中の葛藤を、実際にはしてもいないオーバーアクションで
表現されてしまったようです。


そもそもこの頃の独房修行は、強制ではありません。
入りたくない人を無理矢理独房に入れることはありませんでした。

自分の内側をしっかりと見つめることができ、
そこで見たくない自分の汚れが出てきても対峙する準備ができている人を、
在家信徒、出家信徒の枠を超えて麻原さんが選び、行っていました。

独房修行が強制されて行われることのあった
後期の時代とは少しちがいますが、
その雰囲気がまったく伝わらないどころか、
過剰演出で実態とかけ離れたものとして
伝えられてしまったことは、とても残念です。


もうひとつ残念に思っているのは、麻原さんの振る舞いや態度が
かなりねじ曲がってしまったことです。

ドラマの最後のほうで、織枝が話しかけたときに
鬱陶しそうに応じる姿が描かれていましたが、
あれも実際の姿とはかなりかちがいます。

私がなぜそこにこだわっているかというと、
この部分はオウムの信徒がなぜ麻原さんにひかれ、
そしてあのような事件を起こすまでに至ったかという、
その理由に通じる大切な要素のひとつだと思っているからです。

実際の麻原さんは、弟子が直接にあのように
グルを求めて出向いていったときは、どんなに忙しくても、
きちんと対応をしてくれました。

もちろんその部分を強調してしまうと、
オウムの宣伝ドラマになりかねません。
そのあたりの兼ね合いは、確かに難しいところであったとは思います。


また、ドラマというものは、
本当にたくさんの人が関わって作られていくものです。

NHKの担当のディレクターの人たちとは
本当に長い時間、取材という形での話をしましたが、
それ以外の他の多くの人たちと、
そのような時間をとることは、ほぼ不可能でした。

そして、その多くの人たちは、
やはり、あの凶悪なオウム真理教のイメージが
強烈に焼き付けられているわけです。

ですから、どうしても、
たとえ台本の段階では正確な描写が為されていたはずのことであっても、
実際に出来上がったドラマを観ると、
なんだか、ずいぶんと違ってきてしまったなと
思うこともたくさんありました。


ちなみに最近、あのドラマを元にマンガができました。
現在、ある漫画雑誌で連載されていますが、
それを見ると、ドラマの本来の意向さえも無視して
それぞれのキャラクターが勝手に作られ、描かれている印象さえ受けました。

そのマンガの関係者の方からは、いっさいの取材もありませんでした。
内容から察すると、おそらくは早坂の本も読んでいないし、
裁判記録も、あまり目を通していないのではと思えるほどです。

やはり、イメージだけで作っていくと、
ああなってしまうのは、ある意味、仕方がないのかもしれませんが……。


それはさておき、こういったことから、
ドラマでないと伝えられないことは、もちろんありますが、
ドラマであるがゆえに伝わらない部分がたくさん出てくることも、
今回、しみじみと実感することになりました。


とはいっても、最初はそのことには、かなりの戸惑いはありましたが、
それでも、これまでよりは進歩があったかな、という気もしています。

それはドラマの撮影に立ち会ったときにも、関係者から
「オウムには、これまで報道されてきたこととは
まったくちがう面があったんですね。
それを知ることができてよかったです。」
というように声をかけられることがしばしばあったからです。

また3月にBSでのドラマだけの先行放送が行われたときにも、
「いままで知らなかったオウム像を見ることができて衝撃的だった」
というような感想をネット上で多く見かけました。


正直なところ、この感想は意外なものでした。
実際にオウムの中で過ごしてきた私にとっては、
あのドラマの雰囲気は実態とかけはなれた、
サイコホラーのようなものになっていたと感じていたからです。

しかし逆に、これまでの報道で、
「オウムはものすごくおぞましい集団」という
イメージを持っていた人たちから見ると、
あのドラマから受ける印象は、
私たちとはちがった意味で驚きだったというのは、
私にとっては、あらためて世間のオウム像を知る機会を
与えられることになったのでした。


あのドラマの中のオウムは、私が経験してきたものと、
一般の人が抱いているイメージとの、
ちょうど真ん中くらいのものなのかもしれません。

これはNHKの未解決事件シリーズを担当してきた人たちが、
一年という時間をかけて地道に取材を行った成果なのだと思います。


しかし、次に待ち受けていたのが
5月に放送された、そのドラマにドキュメンタリーが
プラスされたものです。

ドキュメンタリーのところでは、
これまで、オウムの元サマナを対象とした
取材を経験してない人たちが、途中から多く関わってきました。

そのため、当初、聞いていた内容とは、
これまた相当に違う内容となっていったようなのでした。

ということで、その話は、また次の機会に書いてみたいと思います。


スポンサーサイト
Category : ドラマ編
Posted by machiku on  | 6 comments 

NHK未解決事件File2「オウム真理教」ドラマに寄せて その1

はじめまして。深山織枝です。

私は、5月に放映されたNHKスペシャルの、
未解決事件File02『オウム真理教』のドラマの中で
オウム真理教の元サマナ役のモデルになりました。
名前はそのときに脚本家さんがつけてくださったもので、
本名ではありません。


私はもともと、こうした公の場に顔をだして
さらに自分の考えなどを主張する気持ちは
まったくありませんでした。

しかしNHKに協力してあのドラマがつくられてから、
深山織枝というキャラクターが、
私の思いとはまったく別の方向へと一人歩きしていることに
戸惑いを感じています。

あのドラマは、あくまでも実録ドラマということでできたものなので、
ある程度の演出は仕方がないとしても、
あまりにも曲解されてしまっては、
私がNHKに協力をさせてもらった意味までが、台無しになってしまいます。

そこでやはり、一度自分の思いを自分の言葉で正確に伝える必要があると考えて、
このようなブログを作ることにしました。


といっても、もともと積極的に主張したいことが
それほどあるわけでもないというのが正直な気持ちです。
そのため、このブログを通じて行いたいことは、
私とは別人の私の主張の訂正のようなものなのかもしれません。

なので書きたいことを書いたら、しばらく休止というように、
更新はかなり不定期になってしまうとは思いますが。。。

それはさておき、今回はまず、
私自身の歩いてきた道、そして、そのときの思いなどを振り返ることで、
ドラマの中の深山織枝の考えなどを正しく伝えていけたらと思います。


☆--------。。。


私がオウム真理教から離れて17年が経ちます。

この間、かつてオウムにいたことなど
経歴を伏せたまま生活していました。

もしオウムの中でのこと、
そして麻原彰晃という人に対しての思いがすべて
否定的なものだけになっていたのであれば、
ここまで徹底することは逆に無かったかもしれません。

私の中には、それらのことに対して、否定的にはなれない思いが、
17年間変わることなく、ずっとありました。

しかしそのことを、オウムの実態をよく知らない人たちに理解してもらうのは、
とうてい不可能だと感じていたために、
これまでずっと過去のことを話さずに過ごしていました。


ただ、オウムを一緒に出て、その後に夫となった早坂武禮(ペンネーム)が
「オウムはなぜ暴走したか」という本を出版したときには協力しました。

注:いま現在は書籍の方は絶版となっており、
電子書籍のみとなっています。


この本には、早坂を通してのオウムでの出来事や
そこで感じたことや考えなどが書かれています。

でも早坂がこの本を執筆するときに意見を求められたり、
それ以前からいろいろと話し合ってきたので、
あの本に書かれているオウムや麻原さんに対しての思いは、
私のものとさほど変わらないと思っています。

その後、あの本を通して、
たまにマスコミの方からの取材を受けることがありました。
もちろんほとんどの場合は、本を書いた早坂に対してです。

ところが今回は、私もNHKから取材を受けることになりました。
その経緯はドラマのはじめの部分にあるので、ここでは省略します。


ただ正直なところ、自分ではドラマのための取材をOKしたというよりも、
正確にいうと、「断らなかっただけ」というちょっと消極的な姿勢です。

理由は、取材に来られたNHKの方々が、非常にまじめだったからです。
「真実が知りたい」という純粋な思いがストレートに伝わってきたので、
「断ることができなかった」というのが正確な表現になりそうです。


NHKの方々は、「被害者の感情」というものもよく考えられていたようです。
取材のはじめに、「もうこれ以上、事件のことに触れて欲しくない」
という被害者の方もいれば、
「これまでの報道や、裁判だけでは、
とうていわからなかったことを切実に知りたい」
と願っている被害者の方もいるということを教えていただきました。

そのどちらの気持ちを優先すべきかは、
本当に難しいところだと思います。

そして悩んだ挙げ句、後者の方々の気持ちを優先する選択をしたという、
そんな話をしていました。

そしてそれをやるからには、
これまでの紋切り型の報道とはちがったものにしたいとも話していました。

オウムの教義を見ようともしない、社会の側からの一方的な視線では、
これまで以上の真実は見えてきません。
そこで内部視線、つまり教団内の価値観なども知った上で、
オウムの側からも一連の出来事を振り返ることを考えたようです。

そしてそんなことを検討しているときに目にとまったのが、
内部視線でオウム騒動について書いている早坂の本だったそうです。

早坂はオウムから離れていますが、
当時のことなら内部目線で話すことができます。

また事件とは直接関係ない部分の、
かつてのオウムや麻原さんのことを真っ向否定していないので、
その点は取材対象としてうってつけだったようです。

とはいえ早坂はオウムの初期の頃を自分の目で直接見ていないので、
その部分は私が補っていました。
取材の中で、そんなことを繰り返しているうちにいつの間にか、
一連の事件には関わっていない古参の元信徒である私を通しての、
内部目線から見たオウムのドラマをつくるという話になっていたのです。

事情があって最終的には、NHKの記者が取材した
織枝目線のドラマということになりましたが、
どちらにしても私には青天の霹靂のようなものになりました。


>>その2に続きます


Category : ドラマ編
Posted by machiku on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。